WEB屋さんの留学と趣味の情報発信ブログ

最新記事はこちらから

海外留学、持ってきて良かった物(5週間目)

 
WRITER
 
持ってきて良かったモノ
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ケンジです。

先週日本では、関東は初雪が降ったようですっかり冬ですね。

オーストラリアはと言うと、日差しもキツくすっかり夏です(^^) 先週末から街はクリスマスの飾り付けがされて、大きなツリーも設置されてました。 ちなみに、今日はホストファミリーの子供と家のツリーの飾り付けをしました。 やっぱり、日本とは違ってクリスマスは気合入ってますね(笑)

さて、自分もこっちに来て5週間が経ちました。 次の部屋も決まり、生活にも慣れてちょっと落ち着いた頃です。 そこで、これからオーストラリアに来られる方の参考にと思い荷物について書きたいと思います。

スポンサーリンク



持ってきて良かった物!!

と言うことで、見出しそのままですが、持ってきて良かったもの!

皆さんも色々悩みながら、厳選して色んな物を持ってくると思います。

自分もそこそこ準備してもってきましたが、その中でも持ってきて良かったと思う物を書き出します。

パソコンと日本のスマホ

パソコンについては持ってきていない人も結構いるようです。

特にワーホリの方は移動なんかで大変なので持ってきていないようです。

まぁ、学校や図書館に行けばパソコンを借りる事は出来るし無いからと言って問題はありません。

でも、やっぱりあれば便利ですね。 調べ物やニュースを観たり動画を観たりとやっぱりあったほうがいいと思います。特に自分のようにスチューデントで長期の方はあったほうが良いんじゃないかな。 日本のスマホについては、多くの方が解約して持ってきていますね。 シムロックのかかったスマホだとこっちで電話として使用することは出来ませんがタブレット代わりとしてwi-fiを利用してインターネットを使用することができます。

語学学校では、授業でスマホを使ってネット接続してゲームをしたり、スマホを辞書代わりに使ったりと必需品です。 日本でスマホ端末を持っている方は絶対もってくるように。

ちなみに、スマホの解約及び休止ですが、私は休止手続きをしてもってきました。 ドコモの場合だと、成田空港の中にサービスカウンターがあってそこで手続きできます。たしか10分程度の手続きでした。 休止してしまうと電話出来なくなるのでギリギリまで電話を使用したいもしくは心配な方は空港のサービスカウンターがオススメです。 多分、他のキャリアのカウンターもあったはずです。

以上補足までに。

パーカー、ウインドブレーカー

上から軽く羽織る物!!

これ、メチャメチャ大事ですから持ってくるように!!!

もちろんこっちでも買えますよ。ユニクロもありますし・・・でも日本と同じものでも驚くほど高いですよ。

荷物に余裕があるなら日本から持っていきましょうね。

 

さて、自分が持ってきて一番良かったと思っているものがパーカー(フーディー)だと思います。

オーストラリアは暑いからこんなの要らないと思っている方、持ってこないと後悔しますよ。

確かに、ブリスベンは暑いです。とっても温暖なのでTシャツと短パンで充分です。

・・・なのですが、学校や図書館など施設のエアコンが半端ないです(*_*) メチャメチャ寒いです・・・マジで。

自分は、毎日ジーパン、Tシャツとフーディーを必ず持って歩いています。 学校と図書館では必ず羽織ってます。 個人差はあるでしょうが、学校のクラスメイトなんかはみんな寒いっていってます(笑)

これから来られる方、絶対もってきてくださいね。

帽子とサングラス、日焼け止め

コレも必要だと思います。

どれもこっちでも売ってますが、まぁ、そんなに場所も取らないので持ってきたらいいと思います。

オーストラリアは、気温は日本と変わらないくらい(ちょっと高いかな)なんですが、日差しがキツイです。 これは体感してもらわないと分からないんですが、とにかく日向に居ると肌が痛くなりますよ。 キャップもしくはサングラスはあったほうが良いですよ。 眩しいのが苦手な方はサングラス必須ですね。

日本語の文法書

コレは、自分だけかもしれませんが英語初心者の方はあったほうが良いかもしれません。

こっちでは、当たり前ですが英語で英語を勉強します。

たまに、どうしても分からない事とかに出くわす時があります。 たいていは、誰かに聞けばわかるんですがね。

そんな時にサクッと調べられるのは日本語の文法書です。

ネットでも検索できますし何とかなるんですが、文法については印刷物のほうが自分はあってますね。 さすがに日本語の本となると探すのは大変だと思うので心配な方は自分の慣れた本をもってきても良いかも。

自分はこの本が一番わかりやすいので持ってきてます(^^) 英語嫌いな方でもとっても読みやすい本です。

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス) 大西 泰斗

 

まとめ

今回はここまで。

次回は、持って来たけどあんまり使ってない、持ってくる必要がなかった物について触れます。

それと、持ってくれば良かったもの? かな。

まとめとしては、なんでも手に入れることは可能です。 ブリスベンに限って言えば(他は知らないので)、シティーに行けば全て揃います。

ただし、物価が高いので全体的に日本よりかは高いです。 ダイソーやユニクロもあるのでお金さえあれば問題ありません。

自分は手荷物とスーツケースで合計30キロくらいの荷物をもってきました。 男なので特に苦になる重さではありませんでしたが。

荷物の内容をご覧になりたい方は下のリンクを参考にしてください。

↓  ↓  ↓

語学留学 持ち物チェックリスト【1年】 作ってみた。

出来るだけ、荷物を減らしたい方は必要を感じた時に現地調達でもいいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© web.my-favs , 2016 All Rights Reserved.