WEB屋さんの留学と趣味の情報発信ブログ

最新記事はこちらから

ネットショップの経営で失敗しない大事な事

 
  2016/09/26
WRITER
 
ネットショップ経営失敗しない為
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

インターネットのサービスの代表といえば「ネットショップ」ではないでしょうか。最近ではAmazonを筆頭に会員向けに動画配信サービスや音楽配信なんかもしてますよね・・・自分もヘビーユーザーのひとりですが・・・(笑)

今では、実店舗(現実にお店を構えている店舗)を上回る勢いで市場を広げていますね。

まずひとつの要因、ユーザー(消費者)視点でいえば【家に居ながら、買い物が出来る】事です。どんな商品でもワンクリック!!

でも、それよりももっと大きな要因はネットショップ(店舗)側にあるでしょうね。なぜなら『誰でもすぐにお店(ネットショップ)を出店できる』時代なんです。例えば、Yahoo!ショッピングで店舗開業だけを考えればお金は掛かりません。そんな訳でココ数年すごい勢いでネットショップを開業する方が増えてきました。

自分もEC(ネットショップ)運営会社でマーケティングも含めて運用に携わっていたのでその状況を目の当たりにしていましたが、それと同時に厳しい現実も見てきました。

それが・・・、『開店休業状態のネットショップ増加』です。

要するに、ネットショップを開店したものの上手く運用できずに諦めてしまっているお店です。こんなお店が結構あるんです。自分の周りにもそんな方がいらっしゃいました。

先にも説明した通り、インターネットで出店する事自体は、ほぼ投資ナシと言っていいくらいの出資で出来ます。しかも少しの労力を使えば誰でも簡単に開店までたどり着きます。

でも、大事なのはそこからなんです。実店舗も同じですが、どんなに良い商品を並べていても、お店の中までお客さんを呼び寄せる工夫をしなくてはいけませんよね。

多くのお店は、その部分を分からないままに開店したばかりに『開店休業』になっているんです。

 

ネットショップ初心者は「Yahoo!ショッピング」がおススメ!

自分は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング・独自ドメインとそれぞれの店舗の運用をみてきましたが、最初に出店するのであれば「Yahoo!ショッピング」をおススメします。

理由は『WEB広告』のシステムです。要するに初心者でも集客しやすいシステムがあるのです。

Yahoo!ショッピングはここ1~2年で大幅に拡大しており新規出店もとても多い。その理由も広告にあります。細かなシステムの内容については次回以降に少しづつ説明していきますが、とにかく初心者(新規出店舗)でもお客さんを呼び寄せる事が容易なシステムになってます。

1つおススメの広告システムを挙げると『PRオプション』というシステムがあります。Yahoo!ショッピングではもっとも人気のある広告でしかもそんなに知識は必要ないので誰でも運用できます。運用は簡単で、売り上げに対して1~15%までの好きな料率を店舗全体もしくは各商品ごとに設定します。料率が高いほどユーザーが検索した結果順位の上位に表示されるシステムです。(補足:Yahoo!ショッピングの場合は、商品注文実績が検索順位にイチバン影響しているそうです)

他のECモールでは検索結果の順番というのは、その商品の「販売数実績」や「レビュー」が大いに反映される為、新規出店者のように実績のない商品を扱うにはとても不利なシステムなのです。しかしYahoo!ショッピングのPRオプションをうまく使えば実績ある商品と対等に検索順位の上位に自社商品を表示させる事が可能になるのです。しかも、広告費用は売上清算の際に相殺されるので運用資金の持ち出しはありません。つまり売れた時だけ広告費を支払うという良心的なシステムなんです。

今、開店休業状態で困っている店舗さんでYahoo!ショッピングに出店されているのであれば「今すぐにトライしてください!!」

もし、独自ドメインや他のモールで困っている店舗さんであれば、騙されたと思って「Yahoo!ショッピング」も検討してください。

とにかく、集客の第一歩としては参入しやすいシステムだと思いますよ。

ちなみに、自分はYahoo!さんの回し者ではないのであしからず(笑)

 

ECはいかに商品を「露出」するかが勝負!!

ネットショップで商品を売るなら、とにかくユーザーに「見せる」ことが第一です。

せっかくの良い商品も見てもらう機会がなければ埋もれてしまいます。多くのネットショップさんはこのケースですね。いかにユーザーに見てもらう機会を増やすかが重要なんです。そのお手伝いをするのが「広告」ですよね。

広告といっても色々な種類がありますが、今後『集客』に必要な広告についても取り上げていきたいと思います。

 

次回からは、『集客』『ECサイト運用』について細かなところを説明できればと思います。

少しでも、参考になれば幸いです。

 

■ ECサイトの運用、集客について質問などあれば『お問合せ』からメール頂ければ必ずお返事致します。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© web.my-favs , 2016 All Rights Reserved.