WEB屋さんの留学と趣味の情報発信ブログ

最新記事はこちらから

出国&入国

 
WRITER
 
ブリスベン画像
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ケンジです。無事にオーストラリアに入国することができました。
出国する前から、持ち込み荷物についてなんとなく入国審査が不安だったので少しだけ触れます。

出国手続き

基本的に皆さんご存知かと思いますが、預かり荷物については重量オーバーすると追加料金が発生しますのでパッキングが完了したらちゃんと総重量の確認をしてくださいね。もし重すぎるなら荷物を減らす、もしくは追加料金を支払うかを考えておきましょうね。

手荷物については、液体の持ち込み制限(詳しくは空港のHP参照してください)やその他細かい条件がありますのでクリアしまておきましょう。また、電子機器(PC、カメラなど精密機器)は必ず手持ち荷物に入れましょうね。預かりの荷物はかなり手荒い扱いを受けるのでPCなどは破損する可能性も発生します。

内容としては皆さんご存知なので特に書き出すまでもないと思います。
スポンサーリンク




入国検査

入国検査自体は特に問題ないと思いますが、持ち込み荷物の申請が心配ですよね。
特にオーストラリアは食品などの持ち込みも厳しいと聞いていたのでかなり心配でした。と言うのも自分は処方箋が必要な常備薬があるのですがそれを1年分まとめて持っていくことにしました。他にはコンタクトレンズ、風邪薬や頭痛薬など一般的な薬を一通り持って行くつもりだったのですが申請が必要なモノなのでちょっと心配でした。
また、もう一つの心配は、お菓子です。お土産に日本のお菓子とふりかけを持っていこうと思っていたのですがコレも心配の一つでした。クッキーが入っていたのですが、穀物の類が入っているので申請は必要です。
一応は事前に調べてあったのですが、その答えもグレーなところもあってよっぽとでない限りはパスできるとのこと。
ただし事前に準備が出来るなら、薬であればどんな用途の薬なのかを説明出来る英文の準備、もしくは英訳の処方箋があればいいようです。(英訳の処方箋はお医者さんに言えば出してもらいえます。)
また、お菓子を含めた食品などは含有物が不明もしくは曖昧なら入国審査カードに申請しておけばいいと思います。逆に曖昧なモノを申請不要としてしまうと、万が一にもNG(申請必要)品だったときに法律違反や罰金が発生しますので曖昧な時は必ず申請するようにしておきましょう。

さて、実際の入国審査の話をしますと、複数の項目(たしか3〜4項目くらい)に「要申請」を選択したので色々質問攻めに合うものだとかなり緊張していたのですが、結局質問されたのは薬についてだけでした。その内容は先にも書いた通り「なんの薬ですか?」と一言だけ。
その質問に答え終わるとそのままスルーでした。

スーツケースを開けて説明を求められるわけでもなくスムーズに入国出来たので一安心でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© web.my-favs , 2016 All Rights Reserved.