WEB屋さんの留学と趣味の情報発信ブログ

最新記事はこちらから

渡航者必見!海外行くなら忘れちゃいけない!虫歯対策

 
  2016/10/17
WRITER
 
虫歯対策画像
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

海外での病気やケガはやっぱり心配ですよね。多くの方は「海外旅行保険」などで対策をしていると思います。

ただ、歯科に限っては別契約だったり、保険の対象外だったりする事が多いようです。

要するに何処の国でも歯科治療は高額になってしまうってことなのでしょうね。

そこで海外渡航中のオーラルケアの予防と対策について取り上げてみました。

 

ズバリ、歯医者さんに聞いてみました!

当たり前ですが、渡航前にしっかり治療をして虫歯ゼロにすることがイチバン大事です。

自分も歯科治療は完了したのですが、やっぱり現地で虫歯になったり痛くなったらどうしよう・・・という心配はゼロではありません。

そこで、歯医者さんに虫歯予防と対策を聞いてみたところ、色々と教えて貰えたので紹介します。

 

スポンサーリンク




 

歯磨き粉・うがい薬は現地調達しよう!

歯磨き粉とうがい薬は、現地で調達したほうがいいそうです。海外の製品のほうがフッ素の含有量が多いそうで出来るだけ含有量が多いものを選ぶのがコツとの事です。出来る事なら、歯磨き粉は「フッ素が多く研磨剤の入っていないタイプ」と「研磨剤の入ったタイプ」の2種類を選んで、普段はフッ素のたくさん入った研磨剤なしタイプで歯磨きをして、2~3日に一回研磨剤入りで歯磨きするのがおススメとのことです。

うがい薬については、毎日マメに使うことが大事とのことです。

 

歯ブラシ&歯間ブラシは日本から持っていこう!

歯ブラシ&歯間ブラシは日本から持っていくのがおススメとの事です。コレはみなさんご存知かもしれませんが海外の歯ブラシはヘッド(ブラシの部分)がメチャ大きいです。かなり使い辛いので慣れたモノを買っていきましょう。

 

知覚過敏用の歯磨きを日本で買っていこう!

たくさんのメーカーから発売されていますが『知覚過敏用の歯磨き』を1つ持っていくべしとの事です。

コレはもちろん普段使いもいいのですが、もし「歯がしみる」症状が発症したら、この歯磨き粉を患部に塗って30分ほど放置して浸透させると改善されるそうです。歯医者さん曰く歯医者さんも使う裏技的な処置だそうです。

絶対に持っていくように!!

 

もし歯が痛くなったらコイツを使え!!

毎日のケアをしていたにも関わらず虫歯になってしまった時は・・・、

『患部にフッ素含有量の多い歯磨き粉を塗って30分放置』

との事です。

コレも、歯医者さん的裏技との事でしっかりフッ素を浸透させれば虫歯は改善されるとのことです。ただし、虫歯で変色した色までは完全には治らないらしいです。

もし、虫歯になったら試すべし!!

 

フッ素の多い歯磨き粉&うがい薬で強い歯に

とにかく、普段の歯磨き&うがいをしっかりする事はもちろん出来ればフッ素の含有量の多いものを使用して、強い歯作りをしようってことです。せっかくの旅行や留学を虫歯のせいで台無しにしない為にもしっかりケアしましょうね。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© web.my-favs , 2016 All Rights Reserved.