WEB屋さんの留学と趣味の情報発信ブログ

最新記事はこちらから

語学留学の学校選び・英語初心者が感じたこと

 
WRITER
 
オーストラリア留学画像
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いまいちスッキリしない天気のブリスベンです。

以前の記事でも書きましたが、自分は今2つ目の語学学校に通っています。

全く英語が話せない初心者の状態で1年前にブリスベンにやって来て約9ヶ月間を私立語学学校で過ごし、今は公立の語学学校に通っています。

今の自分が感じるそれぞれの語学学校の特徴と英語初心者にとってどんな学校がいいのかなーなんて事を書いていみようと思います。

あくまでも、管理人の主観なのでその点はご了承くださいませ。

スポンサーリンク



英語初心者向けの語学学校の選ぶポイント

オーストラリアのブリスベンにはとってもたくさんの語学学校があります。

自分も学校選びはとっても悩みました。とにかくたくさんあり過ぎて・・・。

自分がエージェントから聞いたポイントと実際に現地に来て分かった事などを交えて、学校選びの目安になりそうな項目を上げてみました。

語学学校の規模(生徒の人数は多い・少ない)

自分の場合は、オーストラリアでは大手の語学学校だったので、生徒もかなりたくさん居ました。生徒数が多い学校の最大の利点は、『英語レベル分けが細かい』という点ではないでしょうか。

生徒数が多いので、細かな英語レベル分けがされているのでクラスのみんながほぼ同じ英語レベルの生徒が集まります。結果として授業の進みもちょうどよく無理なく勉強出来ると思います。特に自分の様に、初級クラス程度のレベルの人にはかなり重要なポイントだと思います。ちなみに自分が通っていた学校は一般英語コースは6レベルでした。

小規模の学校の場合だと、人数が少ない為、必然的にレベル分けも大まかになるようです。自分の知り合いの学校は3レベルしか無かったようで、同じクラスの中にも英語の出来る人、出来ない人が混在するので授業も少しストレスを感じたと言っていました。

生徒が多い学校のもう1つの利点は『知り合いがたくさん出来る』ことでしょうか。これも当然なんですが、学校にたくさん生徒がいて、たくさんのクラスがありますから必然的にたくさんの人と交流することが出来ますからね。

語学学校の日本人の割合

これも、皆さんかなり気にされるところだと思います。

語学学校のパンフレットの国籍割合いなんかを見ながら調べている方も少なくはないと思いますが、自分が現地で見て聞いた感じで言うと『何処の語学学校も同じくらい』です。

日本人は2割〜3割くらいではないでしょうか。ブリスベンだとブラジル・コロンビアの留学生が最も多い気がします。その次がアジア(日本、中国、韓国)ではないでしょうか。これも一概には言えないんでしょうが、とにかく日本人に遭わない学校なんて皆無です。恐らく、大手の私立語学学校は日本へのプロモーションも盛んなのでしょうね・・・大人の事情でしょうか(笑)

まぁ、日本人が少ないほうがいいのは確かですがそれも状況によると思います。全く英語が喋れない初心者で留学するのであれば、日本人の生徒さんが居るって言うのも安心のひとつだと思います。何かどうしても分からない事があれば日本語で聞く事も出来ますからね。

その他、学校それぞれの特徴

あとは、それぞれの学校が工夫しているカリキュラムであったり、アクティビティーなどではないでしょうか。

自分の通っていた学校は、とってもアクティビティーが盛んで、ウィークデーは美術館や映画を観に行ったり、スポーツを楽しんだり、週末になればクラブに行ったりと皆さん楽しいでいましたね。(自分はちょっと苦手だったので殆ど参加しましせんでしたが・・・) 自分もたまに顔を出していましたが普段合わない違うクラスの人と知り合う機会にもなるしとってもいいと思います。アクティビティーが好きな人なら、こういう所に力を入れている学校を選ぶのも良いと思いますよ。

授業も学校によって工夫されているようで、映画を観たり、みんなでお喋りをする時間を設けていたり、文法・読み取り・書き取り・聞き取りのそれぞれでクラス分けしている学校があったりと多種多様なようです。

語学学校の学費

これが、一番重要ですよね(^^)

自分も、最後はコレで決めました(笑)

1年を通して、お得な学費で入学出来るキャンペーンっていうのを色々な学校でやっていますので、エージェントさんに聞いてみれば良いと思います。

ちなみに、ブリスベンの私立語学学校で一般英語フルタイムコースだと【$300〜400/週】くらいでしょうか。

初心者の語学学校選びのまとめ

あくまで自分の個人的な意見ですが、こんな学校が初心者なら良いんじゃないでしょうか?

・生徒が多い(英語のレベル分けが細かくされている)

・日本人の割合は気にしない(どこも2〜3割り程度はいると思います)

・好みに寄っては、アクティビティーなどが盛んな学校

 

個人的にオススメする語学学校

参考までに、自分が個人的にオススメする語学学校を紹介します。

ズバリ、自分が今通っている語学学校です(^^)

TAFEというオーストラリアの公立の職業訓練校の付属語学学校で、本科は日本の専門学校に相当するのだと思います。

他の語学学校と大きく違うのは、「公立学校」である事です。オーストラリア全土にある学校で各州が運営しているようで、自分が通っているのはTAFE Queenslandです。

また、この学校の多くの生徒はTAFEの本科(専門学科)への進学を目指しているので雰囲気も私立の学校とは少し違うかもしれません。(私立の語学学校は、楽しく学びましょうって感じの授業スタイルでした)

生徒の年齢や国籍も異なります。

まず、年齢は少し上がりますね(自分にとってはありがたい)。恐らく移民や永住権取得を目的とされている方も居るようでその兼ね合いなのかもしれません。

また国籍割合も私立とは違って『日本人は少ない』です。自分の知る限りでは今のところ見かけたのは数人です。全体ではブラジル、コロンビア、タイ、中国、韓国、香港、台湾出身の方が多いのでしょうか? とにかく日本人は少ないですね。タイ人の友達に聞いたのですがタイの留学エージェントはTAFEをオススメするそうで、その影響もあってTAFEに来るタイ人は多いそうです。きっとこの国籍割合も各国に対するプロモーションの影響なのでしょうね。

ちなみに、日本のエージェントはなぜTAFEをオススメに選ばないのかと聞いてみたら「私立に比べて手続きのレスポンスが遅いので日本に居るお客さんには勧めづらい」との事でした(笑)

話しが脱線しましたが、「日本人が少ないほうがいい」というのであれば断然オススメです。

あとは、『学費』です。私立の語学学校と比べてかなり安いです。

ちなみに、2017年年内までらしいのですがキャンペーン適用コースならかなり安いです。($210未満/週、だったと思います)

とは言え、通常でも$270/週なので私立語学学校と比べると少し安いですよね。

学校の設備なんかも、本科の生徒さんと同じ設備を使用できるのでとっても充実しています。

 

一方で、私立語学学校と比べて無いモノといえば「アクティビティーはほどほど」でしょうか。遊園地や動物園なんかの生徒向けの優待券みたいなものもあるようですが、みんなで集まってクラブに行ったり映画にいったり・・・みたいな感じのものは無さそうです(自分が知らないだけかもしれませんが)

それと先程も触れましたが「日本人が少ない」ので英語初心者さんにとっては、初めの頃はちょっと心細いかも(*_*)

 

英語を伸ばしたい人にはとってもいい環境の学校なのでオススメです。

語学学校に36週通ったオッサンの英語レベル

最後になりましたが、英語レベルの進み具合ですが、どこの学校も普通に進めば「約3ヶ月で1つ上のレベルに上がる」といった感じのようです。もちろん、進みの早い人もたくさん居ますよ。

自分が平均的な進みだったので参考までに・・・。英語初心者が36週間一般英語コースに通った場合です。

【エレメンタリークラス】

↓  ↓

【プレ・インターミディエイト】

↓  ↓

【インターミディエイト】

↓  ↓

【アッパー・インターミディエイト】

 

出来るだけ高いレベルを目指すのであれば、やっぱり日本に居る間に勉強しておくのが良いですよね。その分の学費も抑えられますから(^^)

日本人の多くは「インターミディエイト」「プレインターミディエイト」からのスタートが多いですね。

また、「アッパーインターミディエイト」くらいになるとIELTSやケンブリッジ検定のコースに進む方もたくさんいらっしゃいますので興味ある方は目安にされてはいかがでしょうか。

まとめ

結局のところ、どんな学校であれ本人のやる気次第ですよ。

自分みたいにダラダラしていたのでは、いつまでたっても・・・といった感じです。

でも、出来るだけ自分に合った、居心地の良い環境で勉強したいですよね。

じっくり悩んでください! これも楽しい時間です(^^)

 

●併せて読みたい記事:

海外旅行・出張・長期滞在の持ち物準備。コレだけは絶対持っていくべし

語学留学 持ち物チェックリスト【1年】

語学留学の費用ってどれくらい?

最後までお読み頂きありがとうございました。


この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© web.my-favs , 2017 All Rights Reserved.