WEB屋さんの留学と趣味の情報発信ブログ

最新記事はこちらから

留学の不安「お金」

 
WRITER
 
留学の不安ーお金
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ブリスベンはすっかり夏です。

でも先週は一変して近年50年でもっとも寒い2月の気候でした。

寒いといっても最低気温も20度を少し下回る程度なんですが、急に10度ほど気温が下がったので身体が驚いていましたね。

さて、今回の記事は留学に関する悩みについて少し書きたいと思います。

「留学してみたいけど不安だらけであと一歩が踏み出せない」

「現地でうまくやっていけるかな・・・」

なんて思っている方の参考になれば幸いです。

それでは、自分がよく聞かれる内容に沿って何回かに分けて書いてみようと思います。

今回は・・・「お金」について

スポンサーリンク


 

留学の悩み「お金」

これが一番大きな問題だと思います。

学生の方はもちろん、社会人を辞めて留学を考えている方にとってももっともハードルの高い問題だと思います。

留学先にもよりますが、オーストラリアは「お金:生活費」の面においては、あなたの努力次第で何とかなりますよ。

 

ちなみに参考までに自分の場合の1ヶ月のコストです。

◉家賃:$150/週✕4週(ブリスベンでは平均的な家賃)

◉食費:$30/週✕4

◉交通費:$30/週✕4

◉交際費:$50/週✕4

合計:$1,040

といった感じでしょうか(^^)

家賃については、ブリスベンでは平均的な値段です。自分はオウンルーム(一人部屋)でシティ中心から4駅ほど離れたところに住んでいるのですが、シェアルーム(相部屋)でもいいならこれくらいの値段でシティ中心に住むことも可能ですよ。

食費については、基本自炊するのであればこの程度で間に合います。ちなみに日本米や日本の調味料も手に入るのでご安心を。自分は基本的には日本食を食べる事が多いです。

交通費については、先程も触れましたが電車通学なのでこんな感じです。徒歩や自転車など交通機関を使わないのであれば無料ですが電車・バスを使えば最低運賃エリアでもこの程度は必要です。

交際費については・・・人に寄るところなのですが(笑) ちなみにちょっとカフェでお茶・・・$5程度、ランチ・・・$15~20、ちょっと飲みに・・・$15~30といった感じです。シドニーやメルボルンだともう少し高いようですがブリスベンではこんな感じです。

 

こんな感じで、日本円にすると10万円弱くらいは生活費として必要なんですが「アルバイト」をすることによって補う事が出来ます。

ご存知の通りオーストラリアではワーキングホリデービザはもちろん学生ビザでも仕事をすることが可能です。

仕事についても、例えば自分の住んでいるブリスベンで言えば皆さんが思っている以上に簡単に仕事を見つけることが出来ます。

なぜなら、日本食レストランが点在しているので常にアルバイトの募集を目にすることが出来るからです。

自分の日本人の友達も、9割程度の人は何らかのアルバイトをしています。

渡航してきて直ぐに仕事を探す人もいますし、語学学校修了後に探す人もいますが、だいたいみなさん仕事探しを初めてから1ヶ月もしない間に仕事に就いています。

英語力に不安な方でも「キッチンハンド」という日本で言う「調理係」の仕事は問題ありません。英語初級(エレメンタリークラス)の友達もしっかり仕事見つけていました。と言うのも日本食レストランのキッチンだと仕事仲間はみんな日本人なので英語を使う必要がないからです。また多くの日本食レストランはオーナーも日本人なのでハッキリ言って日本国内でレストランのアルバイトをしているといった感じです。

気になる時給ですが、日本食レストランのキッチンハンドだと$15~20程度、英語が必要なウエイターやその他のローカルレストランだと$25~、といった感じみたいです。

ですので、例えば1週間に20時間(学生ビザで仕事が出来る上限時間)キッチンハンド$15の仕事をしたとすれば・・・$300稼ぐことが出来ます。つまり1ヶ月で$1200の収入になりますよね。基本的な生活費分はまかなえるんです。ワーキングホリデービザの方であれば状況によってはもっと働く事も可能ですしね。

 

だから、もしアルバイトも考えているなら当面の生活費があれば充分ですよ。とはいってもギリギリはお薦めしませんけどね(笑)

ワーホリの友達は、平均して3ヶ月分くらいの生活費を持ってきているみたいです(50万円くらい)

一方で、学生ビザの人は自分も含めて、基本的には滞在期間分の貯金を用意している人が多いですね。理由は勉強を優先したい事、就労時間に制約があるのでワーホリの皆さんに比べて仕事に就く事は難しいだろうと予想して渡航してきているからです。でも実際は、学生ビザでも充分に仕事に就くことが可能である事に気がついて、みんなアルバイトしていますよ。

まとめ

自分も9ヶ月間の語学留学の予定で渡航してきたので約1年分くらいの生活費を予想した貯金を用意していました。自分の場合は社会人のいい歳のオッサンだし学生に混じってアルバイトなんて考えもしなかったので、しっかりと滞在期間分の貯金を用意しました。約150万円くらいだったと思います。

しかし、いざ現地に来てみると「オーストラリアで気軽に仕事」が出来る事を知りアルバイトを始めました。

その結果、留学を6ヶ月延長する余裕が出来たので今に至ります。

とにかく、アルバイトは渡航・留学前のみなさんが思っている以上にたくさんあるので大丈夫ですよ。

お金の心配をしすぎて、留学・ワーホリを諦めないでくださいね!!

もう一言加えるなら、もしあなたがワーキングホリデービザでの渡航を考えているなら、程々の貯金が出来たら渡航することを個人的にはお薦めします。

なぜなら、オーストラリアは物価が高いのですが、お給料も高いです。恐らく日本でアルバイトしてワーホリ&留学分の貯金を稼ぐ努力をするくらいならオーストラリアで早くアルバイトをしたほうが割がいいからです(^^)

 

オーストラリアの稼ぎの良さを例える良い例があります。

ワーホリの方達の中には、単純に「出稼ぎ」組の人もたくさんいますよ。

アルバイトをフルタイムして、ファームに行って「セカンドワーキングホリデービザ」を取得して、2年目もひたすらに働く!!

結果的に、かなりの貯金を貯めて帰国・・・って感じです(^^)

それくらい、日本人からすれば給料がいいんですよ。(日本の物価が安いってだけですけどね)

 

とにかく、留学して現地に来てしまえばあなたが思っていた「不安」なんてすぐに解消されますよ!

ではでは、今回も最後までお読み頂き有難うございました。

「留学の不安」については、また別のテーマで後日記事にします。

この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトを運営しているケンジです。 ECサイト向けにWEB広告を中心にマーケティングのお仕事をしています。やりたい事は何でも手を出してしまいます(^^) 只今オーストラリアに留学しながら仕事をしています。海外生活の情報、WEBマーケティング・ECサイト運用などを中心に発信しています。宜しくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© web.my-favs , 2018 All Rights Reserved.